いのちの音

いのちの音

以前から気になっていた音楽会「Pure Heart Live ―いのちの音―」。
お仕事でお世話になっているお客様からご招待いただき
演奏会へ行ってきました。

 

場所は三田市の郷の音ホール
あの、イノシシやヌートリアの出没する武庫川沿いにある
山々を眺められる気持ちの良いロケーションです。

 

音楽会の主役は三人のソリスト。
新井咲さん(ピアノ、ボーカル)
下内源貴さん(ピアノ)
多田駿介さん(マリンバ)
10代、20代の若い演奏者です。
小さい頃から音楽に親しみ、楽しみながら日々練習に励んでいるそうです。

ソリストのみなさんはダウン症などの知的障害を持っています。
障がいを持った演奏者に出会うのは初めてなので、どんな演奏をされるのかドキドキワクワク。
会場は、お年を召した方から赤ちゃんまで、老若男女。
満員御礼です。

 

そして演奏は、予想を遥かに超える高いクオリティーで衝撃的でした。
興奮で瞬きを忘れるくらい。
迫力のなかに優しさがあり、心臓の奥のほうへ響いてきました。
そして、何よりも楽しい楽しい。

完璧に演奏できればガッツポーズ。拍手を浴びれば満面の笑み。
その姿から日々のコツコツと積んできた努力が見て取れます。
そして素直な楽しい気持ちが伝染して、こちらまで楽しい。
観客の方たちも心から楽しんでいるようで、音楽に合わせて踊りだすほどでした。

 

気持ちにウソを付いたり、自分を守るために行動したり、過信して怠けたり。
気付かないうちに、いつも様々な邪心と過ごしていることに気付かされます。

得意なもの、不得意なものは人それぞれ。
ただ、素直さとひたむきさと不器用さ、
それによって生まれる美しさって本当にすばらしい。

とても心地の良いひとときでした。

 

Pure Heart Live

 

{ 関連の記事 }
たおじ音楽サロン 新井由美子さん
神戸三田の情報ポータルサイトHUGChiffon
http://goo.gl/Lrf1l6

コメントを残す